スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『最初のRPGを作った男 ゲイリー・ガイギャックス 〜想像力の帝国〜』

 発売以来、ずーっと読みたかった本をついに読めました。TRPG好き、D&D好きにはたまらない本だと思います。

 

 とりあえず、へええって思ったところとかを挙げます。

 P.153 現代ウォーゲームの発明者と目されるH・Gウェルズは、1913年に『Little Wars』と題するミニチュアゲームのルールを出版した。ミニチュアを用いた戦闘ゲームのルールとして世に知られる最初のものである。

 まあもう、へええ、って感じだね! 最初の趣味人かな!

 p.159-160 TSRの「著作権違反で訴えるぞ」という脅しを受けた後、『トンネルズ&トロールズ』のフライング・バッファロー社は広告からD&Dに対する言及をすべて取り消し、D&Dや他のTSR製ゲームのことは「他のファンタジー・ロールプレイング・ゲームと呼ぶようになった。この語の初出は1976年8月1日のメタゲーミング・コンセプツ社カタログに乗った『トンネルズ&トロールズ』広告である。こうしてロールプレイング・ゲーム(RPG)という語が生まれた。

 まあもう、へええ、って感じだね!(二回目)

 読んでて何度も何度も裁判の話が出てきて、アメリカスゲェ! ってなったよ。ゲイリーが大成功してハリウッドでアメリカンドリーム感満々でセレブになったのも、アメリカスゲェ! ってなったよ。

 あと、引用だと飛び飛びで長くなっちゃうんで要約だけど、学生の失踪事件にD&Dが関係しているとの中傷とそれをメディアが大々的に取り上げたこと(のちに否定された)や、悪名高い「ダンジョンズ&ドラゴンズ被害者の会」などで、良くも悪くもD&Dは有名になった。そのタイミングでアメリカ最大の出版社と契約しており、ホビーショップでしか取り扱いのなかったD&Dが、そして“まさにいま”メディアで大々的に取り上げられているあのゲームが、どこの書店でも手に入るようになった、というミラクルをかましてめちゃくちゃ売れたってのも面白かったっす。

 P.166 ゲイリーにはこんな世間の家と違った振る舞いが珍しくなかった。アーニーとイリーズだけではなく、子供たち全員に、厳しくはあるが陽気に接していた。たとえばハイジは、「ハイジ、ボーイフレンドを作る。ゲイリー、その子をRPGに誘う。ハイジ、ボーイフレンドと別れる。ゲイリーのRPGは続く。ハイジ、元ボーイフレンドとしょっちゅう出くわす(現ボーイフレンドといるときにすら)」という目にあった。ゲイリーは後年、シンディやルークにも同じ憂き目を見せた。

 なんてこと! ボンクラパパ過ぎる!! ナイスエピソード!!! 

 

 で、最後にあちこちで絶賛された一節を引きます。

 p.284 天下に友情に勝る富はない。ある人には、人に交わって友情を得ることはたやすい。他の無数の人には、人に交わって友情を得ることは難い。そのような人々にゲイリーは旅の仲間を与えた。単なる友ではなく、危険な旅と奇怪な探索を共にする、自分と同じ冒険者を。
P.285 ゲーマー同士の結びつきは一種独特なものである。彼らは空想上の冒険を共にし、空想上の危険を共に乗り越えるだけでなく、互いに人格の一面を露にする(世間普通の交友ではなかなか明らかにならないような一面を)。今の世に友誼を結ぶもののうち「我らは地下迷宮を襲い、竜を殺し、幾度となく死の淵を覗いて生きて帰ってきた」と言い得るものがどれほどあろう。たとえ空想上の経験とはいえ、それはゲーマー一人ひとりの人格の一面――世の多くの人がだれにも見せない一面、夢見る人の面――に根ざしたものなのである。はばかることなく恥じることなく共同で想像力を羽ばたかせることは、実人生での深く長続きする友情にも繋がる。

 TRPGerの胸に響きまくる名文だ……! なんかいろいろ思いのたけをぶちまけようと思ったけどだめだ、すでに上の引用で語りつくされてるんだよな! 最高すぎる!

 

JUGEMテーマ:読書

| ファンタジー近辺の作品 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆☆『ウィッチャー3』が楽しすぎる

 年末に買って以来、ものすごくハマってずーっと遊んでいます。これはヤバいですわ。こんなにRPGに夢中になるとは思わなかった。

 なぜにこんなにウィッチャー3が好きなのか、やりながら考えてたんだけど……。

 

・グラフィックがかっこいい。

 まあ、最近のリアル志向のゲームはどのゲームも綺麗ですが、綺麗な上にかっこいいんですよね。風景と天候がイベントシチュエーションをかっこよく盛り上げるというか……とりあえずゲームプレイトレーラーで、操作してるシーンを見てください。

 もちろんもちろん、トレーラーですから、いいとこ切り貼りしてるでしょうけ・ど・も! ほんとやってるといちいちかっこいい感じの絵になるんですよ!

 

・主人公のゲラルトさんがかっこいい。

 モンスタースレイヤー、伝説の白狼、魔法剣士……もう逆に照れないぐらいかっこいいゲラルトさん。白髪の渋いおっさんが、怪物を屠り、美女を抱き、曲者たちと小粋なやり取りをして、大多数の一般人に疎まれ、心通わせた人達から愛され、戦乱の世で大活躍するんですよ、そりゃたまらんですよ!

 

・戦闘がかっこいい。

 FPSは没入感が好きなんですが、本作のようなTPSは操作キャラクターの動きを見せられて好きです。『ギアーズ・オブ・ウォー』とかたまらんかったもんね。

 ウィッチャー3は、難易度ノーマルだとそこまで戦闘難しくないし、そりゃまあアクションゲームと比べたら操作性なりゲーム性なり届かないところもあるけど、すごくかっこいいの。

 何がってもう、上にも書いたけど、ゲラルトさんは魔法剣士なので、攻撃はバリアで防ぎ、精神に干渉して朦朧とさせたり同士討ちさせたり、盾を持った重装兵士には衝撃波を浴びせ、狼の群れには炎を放射し、実体がなく刃が通らない幽鬼は結界に誘い込み切り裂く……こういう戦いをできるなんてかっこいい以外ないでしょ! 雰囲気たまらんです!

 

・シナリオがかっこいい。

 上に挙げていったのは、たぶんに自分の好みの問題が大きいんだけど(いまさらそういうこと言っちゃう)、おそらく世のウィッチャー3の評価の高さはシナリオに起因すると思います。これはもうちょっとすごい。オープンワールドRPGではだいたいそうであるように、少し歩けばクエストに当たる感じでバンバン始まっちゃうんだけど、そのひとつひとつのシナリオがやたらと濃い。

 もっとも単純な構造の怪物退治でさえ、普通の村人はその怪物がなんなのかわからないわけで、まず目撃情報を集めて、現場や被害者を検分して正体を突き止め、痕跡から巣を突き止めたり逆におびき寄せたりして戦いに臨むわけです。

 ゲラルトさんがかっこいいのところに書かなかったんですが、彼はそれはもう凄腕なので、怪物の足跡を見れば、これは大きいだ小さいだ重いだ軽いだ、怪物に襲われた死体の傷を見れば、これは爪痕だ噛み付かれただ毒だ羽が落ちてるだとそれはもう一目で見抜いていく名探偵っぷりもかっこいい。

 そこに人間ドラマなんか噛んだ日にゃあもう……だめだネタバレ危ない。とにかくこれはもうちょっとすごいんですよ!(2回目) 洋ゲーによくある、割り切れない感じのものとかもいっぱいあるんですが、話や演出がものすごく丁寧でほんと魅せられます。

 

 というわけでものすごくおすすめですウィッチャー3。みんなもやろう!

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ゲーム

| ファンタジー近辺の作品 | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆『トムは真夜中の庭で』
評価:
フィリパ・ピアス,高杉 一郎,Philippa Pearce
岩波書店
¥ 756
(2000-06)
 友だちもなく退屈しきっていたトムは、真夜中に古時計が13も時を打つのを聞き、昼間はなかったはずの庭園に誘いだされて、ヴィクトリア朝時代の不思議な少女と友だちになります。歴史と幻想が織りなす傑作ファンタジー。
 最近あんまり本を読む気がしなくてどーしよーうーん考えるのめんどくせーとか思ってたので、そんなときに手を伸ばす村上春樹(気が向いたときに羊三(四)部作を読み直してるんだ)をちょろちょろ読み始めたんですが、トムを庭園にほっぽり出したままだということを思い出して、続きを読んでみました。
 目安程度の点数としては90点ぐらいでかなり面白かったです。時間ものってのはやっぱりいいなあ。またこれが上手いこと構成された話できれいにできてるんだ。時間がテーマなのでちょっぴり謎解きもあるんだけど、その辺も上手くできてる。時間を抜きにしても塀に守られた庭園の描写、トムとハティの楽しげな雰囲気がよかったなー。とにかく読書好き、ファンタジーが好き、タイムトラベル物が好き、児童文学が好き、といったあたりの人にはかなりオススメ、ぜひ読んでもらいたい。

 ほんでは、ここから先はネタがバレるかもってことで。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
『空の境界』上・下
評価:
奈須 きのこ
講談社
¥ 1,155
(2004-06-08)
JUGEMテーマ:読書

 TRPG,TRPGとうつろにつぶやき続けるにはちょっと言いにくい言葉を繰り返し始めてから数週間経ったころ、とりあえず家でも外でも(外でもだって!?)ルールブックを読むのを飽きてきたので、なにかそれっぽいものを読もう、と思って読み始めました。買ったときの文章を見てみると、
 現代(伝奇)物TRPGの参考になるかもと思い購入。/ノベルズのほうを買った。もちろん安いので。つい先日、マイミクのツカサ先生に「からのきょうかい」と読むことを教えてもらった。ずっと「そらのきょうかい」だと思ってました。/僕の妄想の中では「周知のように『空の境界』においては〜〜〜」とか言われるぐらい、TRPG界隈で有名なので、読んどかないとつらい思いをしそうだし。重ねて言いますが、僕の妄想の中の話です。
とかなんとか考えて買ったみたい。とてもばかだね僕は。
 まず書いておきたいこと。大学入学後からライトノベル的なもの(=それまでの自分、といってもいい。ライトノベルは大学以前の自分を形成する大きな要素だったので)を否定しまくってきたのが、ここに来て心境の変化もあったのかなかったのかわかりませんが、文章が僕の許容ライン(というとすごいえらそうだけども)ぎりぎりをずーっと走るような、それどころかちょっとラインを出たり入ったりを繰り返すようなスレスレな感じで、読み始めて最初のほうずっと不思議な感覚で、読み進んでいくうちにだんだんとそれがわからなくなってきて、「はっ、そうか! これが『空の境界』か!?」とかなんとか考えてみたりして(あっはっは)、まあそんな感じでなんだかみょうに気持ちよかった変な読書体験をしました。
 作品についておおざっぱな感想は、全体として均すとそこそこ面白かったというところ。「全体として〜」ってのは、面白いと思った話とそうでもないと思った話(正確に言うと、ちょっと拍子抜けしたとでも言うほうが近いかな)で結構分かれたからです。そんなこんなであとはざっくりネタバレがあるかもしれない感じでいっちゃいましょう。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 02:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆☆『新版 指輪物語〈5〜6〉二つの塔 上1〜2』
シリーズ作品リンク     5と6 7 8 9 10
とても便利な「中つ国Wiki

 去年読んだ本を書き出してすらないけど、忘れそうなので、こっちを先に。一月頭ぐらいに急に「ヘルム峡谷の戦いを読み返そう!」と思いたって読みました。以下もうめたくそにばらばらな感想、てか自分用ページメモ。

続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
『チャーリーとチョコレート工場』
評価:
ジョニー・デップ,フレディー・ハイモア,デヴィッド・ケリー,ヘレナ・ボナム=カーター,クリストファー・リー,ティム・バートン,ロアルド・ダール,ダニー・エルフマン,ジョン・オーガスト
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 882
(2006-07-21)
 まあまあ面白かったかな。さっくりと観たので以下さっくりとネタバレありで。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 上下巻
 ってわけで、別の記事にしてみました。でもがんばって気楽に書こうと思います。あれ?
 大学一年のとき、お連れ様から借りて読んで以来の再読です。あのときは、こういう書き方もなんだとは思うけどいわゆる“普通の小説”をぜんぜん読んでなくて、なんだかえらく大変だったのが懐かしい。でも彼女と仲良くなりたいってのがあったりして……まあそれはいいや。いま読むとすごくファンタジーで(どちらの世界も)、すごく面白くって夢中で読みました。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆☆『新版 指輪物語〈4〉旅の仲間 下2』
シリーズ作品リンク     5と6 7 8 9 10
とても便利な「中つ国Wiki

 文庫版4巻です。
 このところブログをあまり、てかちっとも更新してなかったので、思い出しながら書きます。ああ、こういうとき、ほんと線を引いとくと便利だなあ。こういうとき、つくづく本って(線を引いてあったり付箋を貼ってあったりすると特に)外部記憶だよなあと思うわけであります。

 そういうわけで、以下既読向けなんだかそうじゃないんだかわからない感想につづきます。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(1) |
☆☆『新版 指輪物語〈3〉旅の仲間 下1』
シリーズ作品リンク     5と6 7 8 9 10
とても便利な「中つ国Wiki

 文庫版3巻です。
 この巻では、ながーいエルロンドの会議があって、裂け谷にしばらくいるのでまあ結構明るめですね。エルロンドの会議はいろいろと背景が語られて楽しいです。読むたびに、「へえー、そうだったのかー」と思いますけど、もう少しいい記憶力があったほうがいいのかも。

 では、以下はネタバレてゆか、なんだかよくわからない感想ですが、『指輪物語』に限っては再読としてのものなので、全編通して読んでから感想とか『シルマリルの物語』のとことか映画版のこととかも含む可能性があります。まあ、上に書いたようにあんまり覚えてないので結局その巻ごとの感想がほとんどですけど。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆☆『新版 指輪物語〈2〉旅の仲間 上2』
シリーズ作品リンク     5と6 7 8 9 10
とても便利な「中つ国Wiki

 さてさて、前巻の最後でバック郷についた一行ですが、この巻ではさらなる苦難が待ち構えています。解説で、「異常に凡常の対比や、悲喜や明暗の対偶も、作者の古典的なリズム感の作法かと感じます」(P.265)と書かれていたり、また2002年の春に出たユリイカの増刊号「『指輪物語』の世界」の中でル・グィンが「『指輪物語』におけるリズムのパターン」(これ読むと、英語で読むと日本語訳では気づかなかったよさがあるんだろうな、とかさらには“原語”ではさぞ美しかろう! と思います)で指摘されてることを考えると、前の巻が全体的に明るかっただけに、あと先の話だけど裂け谷につく直前までの話なだけにこの巻は暗いんだろうなあ、と。
 あと、この作品を初めて読む方へ注意! この巻付属の解説が結構ネタバレしてるから気をつけてください! あの不意打ちはひどいよー。

 では、あとはネタバレありでつづきます。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 23:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/4PAGES | >>
みんなのブログポータル JUGEM