スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
このブログについて(07/5/9更新)
 やっとこ、ちょっとだけど記事がたまってきたので、このブログについて説明するような文章があってもいいかな、と思いまして書くことにします。ほんとはただ、こういうのがやってみたかっただけなんですけど。あこがれるなー、こういうのって。

・このブログで書かれていること
 このブログでは主に、ファンタジー、SF、あとちょっとだけミステリーも、といった物語的な作品についての感想文を書いています。ときどき、人文系の学術的な本とか教養的な本とかの感想文も書きます。さらに低い割合でそれ以外の本の感想文を書くつもりです。本当はたんなる感想文を抜け出したいのですが、力不足なのでした。
 でも気が向いたときになんとなく書いていた雑記が多くって困ります。

 数年経って、もうなんでもいいやと思いました!(12/11/16)

・記事の書きかた
 目指しているのは、紹介的な文と、感想的な文と、論評的な文とをそれぞれ書くスタイルなんですが、あまり定まっていないうえに、うまくいっていません。感想と論評は重なる部分も多いし、論評的に書け(て)ないことも多々あります。あと、どうしてもぐだぐだしたくどい語り口になってしまい、さらに論評的な部分ってやつが、外へ向けてのものというより、内側でどろどろしてるものを無理やり文章化してるので、ものすごい妄想的で荒削りで手際が悪く、全体としてとても読みづらい文章となっています。すいません。
 ついでに、「ものを考えるとはなにをどう引用するかだ」と思い込んでるので、文中に結構引用があります。特に断りがない場合、ページ数の表記は、その記事のタイトルにある本のものとなります。そうじゃない場合は前後で挙げている本のものです。引用元がよくわからなかった場合、つっこんでいただけると助かります。

 数年経って、あんまり考えずに書いちゃおうと思いました!(12/11/16)

・本の評価について 07/4/13更新
 記事のタイトルに☆をつけることがありますが、ひとつついたらおすすめ、ふたつついたらすごくおすすめな本、というようにしています。ていうかいま、そうすることに決めました! ただまあ「誰に対してオススメなのか」と考えると、すごく難しい問題なので、あまり考えないようにして、いまは「みんなにオススメ!」ってことにしておきます。
 文中冒頭部にあるAmazonの☆の評価は、まあだいたい五つ星評価でどれぐらい面白かったかということで使うことにしました。なのでどんなタイミングで読んだかということが大きく関わっており、おすすめの尺度としてはあまりあてになりません。
 というかどちらも、タイミングの影響が大きいのであとでほかの作品と比べたりすると、あれあれ? ということになっちゃってます。

・更新のタイミング
 基本的に、木・土・日・祝日以外の平日午後3時〜5時ぐらいの間を目掛けています。仕事の休憩時間を利用して書いているのですが、うまく時間が取れないときや、書ききれないときは更新しなかったり、夜に持ち越したりです。木・土・日は時間が空くのですが、お連れ様のご都合で長時間の没頭が許されておりません。ときたまだいじょうぶですけど。まああまり更新しまくると息切れしそうなのでちょうどいいかなと思ってます。

 数年経って、たまに書こうかなーくらいの気持ちです!(12/11/16)

・コメントやトラックバックの対応 07/5/9更新
 コメントはもちろんあればあるだけうれしいです。ネタバレもその作品内のことならだいじょうぶです。書きすぎたかもとか、自分の名前並び過ぎかもなんて思わずにどんどんお願いします(僕はよくそう思って、文章を書いて投稿するところでくじけてるんですけど)。「それはちがうんじゃない?」というコメントもお待ちしてます。
 トラックバックはこちらへ向けてのリンクがなくても、関連性がちらっとだけでも感じられればなんでもOKです。かすってもいない場合や、アダルト系、あとはいっぱい来たりとかブログを見てみてどことなくアヤしかった場合とかは、ばっさりお掃除させていただいてます。ただ、スパムを消すのが結構めんどくさいので記事のアップから6時間後(この時間は暫定です)まではトラックバックを受け付けない設定になってます。新しい記事へは時間を置いてからお願いします。

・他サイトへのリンク
 面白そうなところを見つけ、僕自身がこれはちょくちょく見に行きたいところだな、と思ったサイトにリンクさせてもらってます。てわけで、ほとんど自分のブックマーク状態なので、リンク先でアクセス解析をされている場合、飛んできた形跡はまず僕だと思います。なんかうざかったらすいません。あと、だいぶ更新がなかったときとかに、リンクを外してしまうこともありますので、ご了承ください。「リンクしてよ」という申し込みが(万が一)あった場合、じゃんじゃんリンクします。
 いまのところ、よくわからない分類にわけてありますが、「うちはこんな分類じゃないぞ」とか「リンクしないでよ」とかありましたら、連絡先にコメントをつけていただくか、そこに書いてあるアドレスにメールをお願いします。
| このブログについて | 15:50 | comments(0) | - |
2005/10/14 AM6:05 ブログスタート
 発作が起きて、ブログが生まれました。

 ぼくはときどき寂しくなると、チャットルームに行ってしまいます。そこでなにがしたいかと言えば、そりゃあもちろん人と話したいんでしょうけど、たぶん、「ぼくは、ぼくは」と自分語りがしたいのです。
 しかしどうでしょう。まずもって自分語りなんて大体がくだらないものですよね。それに(たぶん)みんな、ネットで一瞬かすった誰かのことなんて大して興味ないんです。てゆかぼくもあんまりないです。そんなわけでわりと会話が投げっぱなしで、お互いなんとなく輪になって玉入れをしてるだけで、「わーい、ぼく5つも入っちゃった」「すごいねー」ぐらいの会話になりがちです。
 これではだめです。これではがっかりです。ぼくだって自分語りしたいのに、そういう自分が気持ち悪かったりするので結局話を聞いて終わりです。「退出」ボタンを押すときの寂しさがもう一度、もう二度、もう三度……。
 そこでサイトという形式を考えてみると、これはもう少しましな自分語りができる場所のように思えます。読者は基本的に読む人であって、(たぶん)「ねーねーぼくってさー」という場所ではないし、記事に対してレスポンスを早く返せるようになったブログでも、そこに書いてあることへの反応が基本なわけですから、思う存分「さあぼくの話を聞いておくれよ」と言うことができます。
 なんてすばらしい! 自分語りがだめだなんていったやつは誰だ! 出て来い! 自分だって家族や学校や職場やらのなになに界で自分のこと言ってるじゃないか! そういう場所と立場と力があるからってずるいぞ! 気持ちよさそうだぞ! うらやましいぞ!

 ああでもやっぱ自分語りってよくないよね。だからここでは読んだ本とかそういうあれを適当にだらだら書いたりして、あとはまああれかなーできるだけましな自分語りをするように心がけよっかなーとかそんな感じです。

 そういうわけでどうかひとつよろしくお願いします。
| このブログについて | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |
みんなのブログポータル JUGEM