スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
☆☆『新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1』
指輪物語

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、
 七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、
九つは、死すべき運命の人の子に、
 一つは、暗き御座の冥王のため、
影横たわるモルドールの国に。
 一つの指輪は、すべてを統べ、
 一つの指輪は、すべてを見つけ、
 一つの指輪は、すべてを捕えて、
  くらやみのなかにつなぎとめる。
影横たわるモルドールの国に。
シリーズ作品リンク     5と6 7 8 9 10
とても便利な「中つ国Wiki

LotRO開始に合わせて、指輪物語再々読です。作品についての説明は必要ないと思うので特にしません。てかそんなのいままでしたことあったかなあって感じですね。いつもあらすじを書いてませんしね、へへへ。評価についても、「僕は大好きです」以外にどうこう言うことはないです。
 てゆかなんでしょう、一つ前の記事でも書いたんですが、やたらと書きにくくてしょうがないです。あまりにも大きな物語だからかなあ……。

 いつものネタバレ話へつづく前にひとつだけ。二回目に読んだときも思いましたが、序章のホビット族についての記述は再読のときに面白い内容でした。逆に、よく言われることですけど、ここでつまずく人は『ホビットの冒険』を読むか、映画版を見ちゃうか、いっそ飛ばすか(「四 指輪の発見について」だけは読んだほうがいい気もするけど)して、本編をある程度読み進めてから読むと面白いと思います。

 てわけで、あとはネタバレ的な話を書くつもりですが、『指輪物語』の感想に限っては再読としてのものなので、全編通して読んでから感想とか『シルマリルの物語』のとことかも含む可能性があります。その辺ご注意くださいー。まあ引用するのはそれぞれの本の文章となると思いますが。名詞を調べる方は「中つ国Wiki」をどうぞー。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆『ゲイルズバーグの春を愛す』――こんな世界はつまらないと
 由緒ある静かな街ゲイルズバーグに近代化の波が押し寄せる時、奇妙な事件が起こる……古く美しいものを破壊する“現実”を阻止する“過去”の不思議な力を描いた表題作他、骨董品の机の中にしまいこまれていた手紙が取り結ぶ、現代の青年とヴィクトリア朝期の乙女とのラブ・ロマンスを綴った「愛の手紙」など、甘く、せつなく、ホロ苦い物語の数々を、ファンタジイ界の第一人者がノスタルジックな旋律にのせて語る短篇集
 前から読みたいと思ってたのですが、やっと読みました。ええーと、これ上に書いてあるからここで書いていいと思うけど、だいたいの作品がノスタルジックなものでした。なので過去の美化が好きじゃない人には、あまり勧められないかなと思います。ますが、僕は好きだなー、すごく好きだなー。好きだから星5個つけちゃったよ。オススメできるかは結構難しいところですけど。

 以下、ぐだぐだとした語りです。興味ない方は読み飛ばしてください。

 実のところ、僕もそれなりに若いせいか(?)あんまり過去の美化ってのは好きじゃないんですよね。こないだ読んだ『時間を哲学する』でも書かれてたけど、過去ってのはやっぱ現在において制作されたもんだと思うんです。だから現在がよくないと思うならどうしても不当に(ほんとは“不当に”なんて言うべきじゃないんですが。だって制作なんだし)美化される気がしてしまうんですね。なおかつ“知っている我ら”と“知らない彼”らを分ける世代論も嫌いだし(新書で売れ売れの“最近の若者はくだらん”話とか)。
 だけども、解説で書かれているように(てゆか、訳者の福島正美の解説がよくまとまってて、だいたいが繰り返しみたいなもんなんですよね、この文章なんか)、“それでも、あえて”の美化だと思うんです。んでもって、それは過去の体裁を取ってますが、単なる過去というより、嘘でも逃避でもファンタジーでもいいけど、「もっといい世界」とでもいうようなものなんじゃないか。
 よくある言い方として、「それがいやなら、じゃあどうするんだ」というような具体的な対案を求める、ってのがあります。で、言いよどんだときに「な、しょうがないだろ。これしかないんだよ」という風になったりして。でもこれってちがうと思うんです。たしかに「いやなものはいやなんだ」と思うことがどうしていけないのでしょう。こういう、「この現実じゃない何かがいいんだ」という思いが、本作にはあふれるほど込められている、そんな風に読みました。

 ここでふたつの文章を引いておきます。前者はトールキンの『妖精物語について』から、後者はル・グウィンの『世界の果てでダンス』からです。どちらも逃避というものを考えるとき思い出さずにはいられなかった文章で、これからもそうだと思います。
 この言葉[注・「逃避」のこと]を誤用する人たちが、「実生活」とよびたがるものにおいては、通常「逃避」はとても実用的であり、英雄的なものですらあることははっきりしている。実生活においては、失敗さえしなければ「逃避」を非難することは困難である。批評においては、逃避が成功すればするほど悪く思われるように見受けられる。我々は、明らかに言葉の誤用に、また同時に思考の混乱とに直面しているのである。もし、人が牢獄の中にいることに気づき、脱獄して家に帰ろうと試みたからといって、どうしてその人が軽蔑されなければならないのだろうか?(P125)

 問題は偽りの安心ということです。作家は「現実を直視している」のでしょうか、それともその振りをすることで逃避し、うそをついているのでしょうか? 多くの場合、そのいずれかであるかのか決定するのは難しいことです。たとえふたつの頭があろうと、暗闇でかすかに白熱光が放たれていようと、人生はつづいていくといったこれらの物語は、偽りの安心と見做されるかもしれませんし、あるいは希望を持たせることが必要なのだということで正当化されるかもしれません。〔…〕私たちには希望が必要なのです。〔…〕それでもなお当世のファンタジーやサイエンス・フィクションの多くは、現実に人間が必要としているものから完全に退却しているのを私は目の当たりにしています。〔…〕剣や杖や何か男根を象徴をするものによる殺害という形で善が悪を退治するという、現在、多量に出回っているいわゆる英雄ファンタジーは、テクノロジーが魔術に取って代わり、希望的観測がかなうようなまやかしの中世的過去の中で安直な欲求充足を与え、不快感を回避すること以外には何も考えていないように思われます。(P175-176)
 僕の立場も一応書いておきます。ル・グウィンの危惧ももっともだと思います。が、フェミニズム的な問題を除けば(僕がほとんどまったく知らないってのがあるんですけど)、「安直な欲求充足を与え、不快感を回避すること」であったとしても、そのこと自体が、現実から逃避するという点で現実と接触しているし、おそらくそもそも現実的なものから完全に脱却した逃避は不可能だと思います。だから、単なる「ノー」であってもそれ自体が現実への批判なんじゃないか? という感じです、いまのところは。
 でもって、たしかトールキンが言ってたと思うんだけど、「日常の中に竜を見る」ってのも重要だと思ってます。つまり、日常のそこここに想像と創造を混ぜ込んで見ることというか、えーとこれはたとえば東京を風水から見るとかでもなんでもいいんですけど、そういう風な見方の変更が、好きなんです、楽しいんです。
 んまあ結局、「好き」とか「楽しい」とかなんですよね。だからもちろんのことですが、この作品を懐古的だと思うことがいけないとかそんなわきゃありません(ってか、僕もすごくそう思ったんですよね、へへへ)。本はそれぞれの読者のもんだと思ってますから。ってわけで、そんな風に読んでた方の気分を害しちゃったら、ごめんなさいーーー。

 てな感じで、あー、長かった。長くてすいません。そんなわけで、あとはいくつか作品についてあれこれと書きます。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
☆『地図にない町 - ディック幻想短篇集』――乱反射する白昼夢の中で
※この記事ではひっさしぶりに、他のブログにトラックバックを送ってしまいました。ああすいません。「わしには,センス・オブ・ワンダーがないのか?」さんのこちらの記事この『地図にない町』についての記事ですので、作品紹介の文章があります。先行情報を気にする方は注意!)と、下のジャンル論で触れる「アルファラルファ大通りの脇道」さんのこちらの記事です。おおぎょるたこさん、Takemanさん、トラックバック失礼しました、ありがとうございました。
 あと、どうにもトラックバックが上手く送れなかったのですが、記事の紹介ということで、「時間旅行〜タイムトラベル」さんのこちらの記事へのリンクも貼っておきます。どちらも右でリンクしているサイトなのですが、物語好きにはたまらないサイトだと思いますし、どんどんリンクしてしすぎることはないかなーと。

 存在するはずのない駅で列車が止まる。駅前にひろがるのは地図にない町、そこで目にするものは? 幻想味あふれる名篇「地図にない町」をはじめ、ぜんまい仕掛けのおもちゃが子供を支配しようとする「おもちゃの戦争」、子供にお菓子をご馳走する不思議な老女の話「クッキーばあさん」……名手フィリップ・K・ディックが黄金の50年代に発表した幻想、怪奇、SFなど色とりどりの傑作短篇群から独自に編纂した珠玉の12篇!
 そろそろ長編を読もうと思いながらも、ちょくちょく行っている古本屋でこの本が100円で売ってて、うおおとテンションが上がってそのまま読みました。
 作品の紹介文というかあらすじというか裏表紙の文のとおり、いろいろな要素のアイデア・ストーリーなので、ファンタジーのカテゴリーに入れていいかどうか迷ったんですが、まあいいやと思って入れてみました。ちょっと脱線ですけど、ジャンル論、とりわけジャンルの「正しさ」の論争はかなりむなしいものだと思ってて、以下の2点の理由からそう思ってます。
 1、曖昧でなくジャンルを確定するには、諸作品を束ねるための中心(化)が必要だし、境界線が必要になる。とすると「真の」とか「本当の」なんて物言いが必要になるけど、大体そういったものは争いを生むし、他の要素(よくあるのが神的なものによって保証するとか)をひっそりと混ぜなきゃならないから。よく近代哲学で批判されてる点と似てるかなー。
 2、ある総体があったとしてそれが変化しないわけがないから。SFで言えば「ガンダムはSFか?」みたいな論争があったらしいけど、ガンダムがSFであるかないかは知らないけど、「SFであるかもしれないし、ないかもしれない」というところが重要だと思う。どんどん作品が増えれば総体は変化するし、これはちょっと「正しい日本語」みたいなものに対する疑問と似てるかなー。辞書だって版を重ねて変化するし、そこで示された総体はあるタイミングの誰かによる切り取った一瞬に過ぎないんじゃないか、と思うので。
 ってわけで、ジャンルなんてものは曖昧さを許容する大きなジャンル、ファンタジーとかSFとかミステリーとか、そういう風に使うか、それが耐えられなければ、たとえば「ほぼ『指輪物語』をベースにした世界観に、もろもろの多神教神話を混ぜて、ちょっとゾロアスターも混ぜて、80年代以降のアニメ的想像力から生まれたキャラクターが活躍して、世界の法則はコンピューターゲーム以前のRPGを基礎にしている物語」とか、やたら細かく指し示すしかないんじゃないかと思う。もはやジャンルとして、枠組みとして通用しないと思うけども。だから僕は曖昧なものとして考えてます。
 参考として、このことに関して面白かった文章を紹介します。冒頭でも書きましたが、このブログからリンクしている「アルファ・ラルファ大通りの脇道」さんのこちらの記事です。文中で引用されている考え方に全面的に賛成だなー。

 脱線終わり。ちょっとじゃなくなっちゃったような気もしますが、ええと、全体的に面白かったのですが、僕のボキャブラリーで言うと『世にも奇妙な物語』的に面白かったです! ははは、言葉が足りない……。で、特に表題作の「地図にない町」ですね。これに関してはおすすめ星ふたつぐらいよかったです。
 では、続きはネタバレしながら。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:45 | comments(2) | trackbacks(1) |
『よろずお直し業』――しるしとつながり
評価:
草上 仁
徳間書店
---
(2001-08)
 あなたの大切なもの、こわれていませんか?思い出の彫刻、名酒の壷、恋人からの手紙…一度こわれてしまったものは、なんでも、すべてお直しいたします。目には見えない命のねじを、目には見えない心の指で、くるりくるりと巻き戻す。そうすれば、ほら全部、もとどおり―。たった五年分しかない思い出だけを胸に秘め、サバロは、あらゆるものを直し続ける。自分自身の心臓のねじを、毎日毎日、すこしずつ巻き戻しながら…。物語の名手・草上仁が描く、心暖まるファンタジック・ストーリー。
 お連れ様がお出掛けになったのと、明日は時間が取れそうにないのとで、めずらしく日曜日に更新してみます。
 さて、図らずも前回の『時間泥棒』に続いて時間がテーマの作品です。時間というと思い出すのが、このブログをじぇんじぇん更新してなかったころに読んで、えらく感動した『サマー/タイム/トラベラー』のことで、あれを読んでからちょっとは時間についての学術系の本も読もうかなあ、と思ったのですが、ですが、まあ、またいつものあれかよ。一冊だけ新書で結構有名な思想家の本が見つかったので、それは家にあるのですが……。まあそれはそれ。「読みたい本がーたくさんあってこまーるよー どんなに長くてもーかまわないよー 昨日は読むものー 明日も読むものー」とかなんとかザ・ハイロウズの『夏の地図』という曲の詞をでたらめに歌いたくなる気持ちです。

 草上仁って人はwikipediaで調べると、なんだかすさまじく早川に便利すぎて、それってちょっとどうなのか、と思うぐらいなんですけど、相当物語を作るのがうまいんだなあ、と感心してしまいます。他の短編も興味が湧いたのですが、結構絶版になってるらしく、古本屋でぼちぼち探していきたいなあ。

 さて、この本ですが、全般的な印象として、さらっとうまいくて「まっ、ニクイひと……」という感じですね。いやなにがなんだかわかりませんけど。でも、ほんと話がうまいなあ、と思います。
 なんだかあやふやなことしか言ってないんですけど、これには理由がありまして、僕自身が作品に対して先行情報が少なければ少ないほどいい、と思っていることをつい最近気づいたからでして、こういうのどうなんだろうなあ、どれくらい書くべきなのかすごく迷います……。迷いながらとりあえず、そのうちやめるかもしれない「こんな人には〜」というのを書いておきます。

---------------以下、作品のイメージを書いてます---------------

・こんな人におすすめかも
 さわやかな短編が読みたい人は、もうばっちり。少し不思議で、少しいい話でした。
・こんな人に向かないかも
 いい話に嫌悪感を抱く人とか。いや、冗談ではなくて、僕自身、あまりに泣かせよう泣かせようとしている話は好きじゃないので。まあこの本はそんなくどい感じではないですが。あとは個人的には納得してるのですが、世界観がしっかり語られてないといやな人とかかなー。

 ってわけで、以下はネタバレとかもしながら。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆『ヴァンパイヤー戦争〈11〉地球霊ガイ・ムーの聖婚』
※休み時間にまとめきれなかったので、久しぶりに夜にアップしました。

 ついに、ついに終わってしまいました。はぁー、前の記事でも書きましたが、長い物語を読み終わったときの「はぁー」って感じったらありません。明日からどうやって生きていけばいいのでしょう。

 この記事では11巻に関する感想だけを書いておいて、あとでシリーズとしての感想というか、紹介的な記事も書いておこうと思います。

 んでは、またまた以下はネタバレしながらで。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
『だれも猫には気づかない』――猫と過ごす時間
評価:
アン マキャフリー
東京創元社
¥ 567
(2003-02)
 時は中世。公国の若き領主、ジェイマス五世の老摂政が亡くなった。先見の明をそなえた摂政が国のために講じておいたとっておきの秘策、それは自身の飼い猫、ニフィだった!賢い猫はやがて“摂政”として、重要文書承認時など敏腕ぶりを発揮。領主の恋に政治的陰謀が絡まりだすとき、隠れ摂政はどんな妙手を繰りだす?猫を愛する現代SFの女王が贈る、猫ファンタジイの逸品。
 先週風邪をひいてしまったのですが、治ってからもどうもぼーっとしてることが多いです。大体寝る前にベッドで本を読んでるんですが、30分もしないうちにすーっと寝てしまいます。眠れるのはいいんですが、眠気はとれずどうにも困ったものです。

 で、『ヴァンパイヤー戦争』は読み終わったのですが(解説がまだなので記事は後日)、次になにを読むか迷ってます。シリーズものはいまは読みたくないし、先に書いたようにすぐ寝てしまうので、軽いものがあればなあと思っています。そう、そんなときにこの本がぴったりだったのです。残念ながらだいぶ前に一度読んでしまった本なんですけど。こういう本をいま読みたいなー、ということで記事を書いてみます。

 マキャフリーは『歌う船』がだいーぶ前から積んであって、まあ例によっていつか読もうと思ってるんですけどそれはさておき。本を持たずに出かけたときに、喫茶店で何か読むものを、と思って買いました。
 一言でいって、とても楽しく読める本です。すごく軽快で、重いものを読みたいときには勧められません、ってなぐらい。なんたってエピグラフで孫娘に捧げると書いてあるしね(だからって内容がないとかそういうわけではもちろんないですが)。
 訳者あとがきで書かれてますが、まったくどこが「気づかない」なのか、と思うのですけど、まったくもってこの猫、ニフィはかしこかわいいやつで、いつのまにか寄り添っているんですね。表紙の絵はそんな雰囲気が出てていい。読んでいる時間は、ニフィと過ごしている、という感覚がありました。
 まあそういうわけで、落ち着いていい気分になるのにおすすめな本。その点では『西の魔女が死んだ』ともちょっと共通するところがあるかな。
 
 あとはほーんの少しだけ、ネタバレしながら。
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ヴァンパイヤー戦争〈10〉魔神ネヴセシブの覚醒』
 さあさ、やってきました10巻め。あと1冊で終わってしまうのかー。思い返せば2月の頭ぐらいから、1〜3巻は読み直して、そこから一ヶ月ぐらいかけて読み進んできたわけであります。速い人はもっと速い(ああ、意味のない同語反復)んだろうけど、月に8,9冊読めれば、年間3桁には届くのでいいのです。それが目標なのでいいのです! って何の話だろう。

 いま気づきましたが、各巻の表紙イラストが各記事に表示されてますけど、な・ぜ・か・9巻だけはオビがないんですねー。不思議ですねー、非常にミステリアスですねー。なんかこう「そんなに下腹部に興味があるのかよ!」と言いたいところであります。
 あと、今作の表紙イラストの九鬼がなんだかなよっとしてて、ちょっといやだ。状況を示してるんだろうけど、なんかヤダ。カタカナで言っちゃうぐらいヤダな。

 ではでは、その辺りのことも含めまして、以下はネタバレをしつつ。
 
 
 
 
 
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ヴァンパイヤー戦争〈9〉ルビヤンカ監獄大襲撃』
※同日、PM10時ごろ、最後のほうをちょっとだけ修正。急いでたとはいえあまりに適当すぎたので。まあ、まだそうなんだけども。

 シリーズ第9巻までやってまいりました。11巻で終わりみたいなので、残りあと少しです。
 左フレーム(フレームじゃなくてカラムっていうんでしたっけ)に並べてたときにも書いてますが、さっすがに今作は買いづらかったです。イラストにも正直だいぶ慣れてきたんだけど、この表紙はなあ……うーん。そういえば5巻と一緒に買ったんですが、どちらのイラストも、なんつうかあれなんで、久しぶりに「上下に関係ない本をはさんで買う」という、なんと言いましたっけ、サンドイッチ買い? しました。あっはははは。

 今作では、ついにマヌーキと会いまして、いろいろと神話的背景が語られることになります。舞台はブドゥールでの冒険のあと、ロシアまで一気に行きます。考えてみると九鬼は、大体において、一作の中でも一作ごとにも大きく場所の移動をしてるような。気になったので調べてみました。序章は九鬼視点じゃないので除きます。
 1巻、フランス→日本(いま見たら、トランシルヴァニアに一緒に行こうってキキに言われてたのに、九鬼行ってないじゃん!)。
 2巻、東京→奈良。
 3巻、前巻からの移動途中→紀伊山地のコムレの民の山里(和歌山)→東京→八ヶ岳(長野か山梨)。
 4巻、東京→奥日光(栃木)→石狩山地(北海道)。
 5巻、石狩山地→八ヶ岳→御殿場(静岡)→首相官邸(東京)→黒岩崎(静岡)。
 疲れてきました。
 6巻、フランス、パリから動いてないかな?
 7巻、一気にアフリカ、ブダー→ブドゥールへ向けて移動(バンシェイ族の領域→トゥトゥインガ族との境界)
 8巻、トゥトゥインガ族の村→ブドゥール。
 で、9巻では、ブドゥール→フィンランド経由でロシア、となるわけかー。あーめんどくさかった。しかもここから何かを読み取って言うこともできそうにないし……。まあでもとにかく、ほぼ確実に一ヶ所にはとどまってないですね。章の切り替わりも場所を変えてすることが多いし、とにかく移動しつづけるってのはちょっとした特徴なのかも。

 ってわけで以下はネタバレをしながらのあれがあれです。
 
 
 
 
 
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
☆『ヴァンパイヤー戦争〈8〉ブドゥールの黒人王国』
 シリーズ第8巻です。今作では、トゥトゥインガ族の村から、ついにブドゥールの国へ向かいます。前半は探検、後半はブドゥールの王位継承問題、そのための内戦、といった感じですね。
 今作はいままででいちばん楽しんだかもしれません。あとで書いてますけど、探検のパートもブドゥール到着後の話も面白くて、こういうのが好きなんだなーと思いました。

 では、またまた以下はネタバレしながら続きます。
 
 
 
 
 
続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ヴァンパイヤー戦争〈7〉蛮族トゥトゥインガの逆襲』
 シリーズ第7巻です。九鬼たちはフランスから西アフリカの国、ブダーにやってきました。ところでブダーって、モデルにされている現実の国があるのかな。考えたらアフリカってもうさっぱりと知らないんだよなあ。あと、ロシアとかもぜんぜん知らないかも。いろんな国を知らないけども、この辺りはずば抜けてわからないという。

 ひとつだけ、解説に書かれていたことを。伝奇、冒険、異世界、そしてミステリー、それらの作品に共通する手法をこんな風に書いていました。面白いのでちょっと長く引用します。
 すでに読者の前に開示されていた世界の構成要素が、いわばパラダイムシフトされた論理によってこれまでとは違う関係性を見せるとき、世界の様相は一変する。その論理自体が“正しい”かどうかは問題ではない。“あり得る”と一瞬でも思わせる説得力の強さこそが必要なのである。(P.275)
 うーむ、なるほど。もちろん、必ずしも価値観の転覆というか異化作用がなくてはならない、ってわけではないのだろうけども、あり得そうな話をいかに上手く語るかってのはたしかに大事なんだろうなあ。

 ってところで、以下はネタバレしながらです。


続きを読む >>
| ファンタジー近辺の作品 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>
みんなのブログポータル JUGEM